うづきんち

山田雨月のぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんぷれっくす

ちいちゃいころ

自分のいやだったとこは













きっかけは

小学校6年のとき







3つ上の

いとこの家に

泊まりに行ったら

3日間







私の横に座るたび









「みき(本名)のくちって

すごくでてるね

たらこだたらこー」









のようなことをいわれ

一気に意識









それまでは

タラコ口の人をみて







「たらこだ」









思ってたのに

まんま自分が

そうだったとは!



















愕然と

しました















家族の誰とも比べても

あきらかに

でかい





しかも

分厚い







友達の誰よりも・・・













中学になってからは

どうやったら

口がちいさくみえるか

鏡みながら

研究したり







高校生になったら

好きな子よりも

口がでかくって

恥ずかしくって

キスできない~

と悩んだり

(食っちゃうぞ

て感じだから)











そんなだったけど

短大生になったとき

ある人が

口を

褒めてくれ

口コンプレックス

の呪縛から

解放できました







なんて単純





しかも一気に









消化した

コンプレックスは

若かりし日の思い出の

ひとつになれるから

よいです
















スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2007-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

うづき

うづき

ふらふらふらふら
いきたいとこへ
いきたくなったら
でかけたい

ためには
働かねばなんだな

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。